短期ダイエットの前に肥満度を調べる

トップページ > 短期ダイエットの前に肥満度を調べる

短期ダイエットの前に肥満度を調べる

新聞、テレビ、雑誌等、周りにはダイエット関連の話題が溢れています。
マスコミの力によって、痩せなければいけないと思い込まされてはいませんか。
テレビの通販番組や雑誌の広告で効果のある道具や食品の話を聞くと、居ても立ってもいられなくなって、つい購入してしまうという人もいらっしゃるようです。
そういう風潮が大きくなればなるほど、ダイエット関連の販売会社にとっては、収益がアップして好都合ということになるわけです。
痩せる必要なんて全くないのに、短期ダイエットをしなければと思い込んでいる人も見受けられます。
好きな人の前で水着を着たいので、短期ダイエットにトライしたいと思う気持ちは良く理解できます。
しかし、自分にはどの程度の短期ダイエットが必要なのか、そういう風潮に流されないようにしっかり知っておく必要が有ります。
誰でも簡単に自分の肥満度を知る指標として、BMI指数があります。
計算は簡単、電卓を使って自分の体重を身長の2乗で割るだけです。
例えば体重が55キロで身長が1.6メートルの人の場合は、身長1.6の2乗が2.56ですから、体重55を2.56で割って21.4ということになります。
BMI指数が18.5未満は痩せ型、18.5以上25未満ならば普通体重、25以上30未満ならば肥満度1、30以上35未満ならば肥満度2、35以上40未満は肥満度3、40以上は肥満度4というように判別されています。
無理な食事制限をして、痩せ過ぎたり健康を損なったりしては何にもなりませんので、今の自分にはどの程度の短期ダイエットが必要なのかをしっかりと認識した上で、適切なダイエットに取り組みましょう。