下半身太りには骨盤のチェックを

トップページ > 下半身太りには骨盤のチェックを

下半身太りには骨盤のチェックを

下半身がなかなか痩せないというのが、多くの人の悩みの種となっています。
ダイエットに励んで体重は少なくなったのに、下半身はそのまま変化無し。
トレーニングの量も増やして、食事の量も控えてカロリーの計算もバッチリなのに下半身だけは全く細くならない。
そんな悩みを持っている人がたくさんいるようです。
どうしてダイエットが上手く行かないのでしょうか。
その原因として考えられているのが、骨盤のズレや開きです。
日常生活で、踵の高い靴を履いて長い時間歩いたり、座る時に足を組んだりすることが多いと骨盤がだんだん開いて行ってしまい、ゆがむ原因となります。
出産の影響で、骨盤が緩みやすくなってしまうこともあります。
骨盤が開くと、下半身との調整が上手く行かなくなるために、ダイエットの効果が現れにくくなりやすいだけではなくて、内臓が下がってしまうので健康面にも影響が出てきます。
骨盤に開きやズレがあるかどうかをチェックすることは意外に簡単ですので、自分で確かめてみましょう。
まず、平らな場所でまっすぐ仰向けになります。
そして両足の踵を合わせて力を抜くだけです。
左右の足の開き方が違っていたら骨盤に開きがある可能性が高いということになります。
また、腰骨よりも足の付け根の方が飛び出していたら、骨盤に問題がある場合があります。
骨盤に開きがある人には、骨盤ダイエットをお薦めします。
骨盤矯正ベルトを使用したり、骨盤体操をしたりすることで下半身ダイエットの効果がアップすることでしょう。